楽天ANAマイレージクラブカード

ANAマイレージクラブと楽天カードを、兼ね備えているクレジットカードです。
楽天スーパーポイントかANAマイル、どちらを貯めるかを選択することができます。
楽天スーパーポイントコースは100円に1ポイント、ANAマイルコースは200円に1マイルがたまります。
ANAマイルコースを選択すれば、ダイレクトにANAマイルを貯めることが可能。
ANAマイルがダイレクトにたまるクレジットカードはあまりありません。
ANAカードでもクレジットカードポイントを、ANAマイルに移行しなければなりませんからね。
ポイントを交換する手間がないので、ANAマイルを貯めたいなら便利でおすすめのクレジットカードでしょう。
ちなみにコースの変更は、いつでもできるようになっています。

・年会費は実質無料
年会費は初年度無料、翌年度より500円+税となります。
ワンコインの年会費なので、それほど高くはありません。
ただ楽天カードは年会費無料なのに、ANAマイレージカードが付帯すると年会費が有料になるか…と思う方もいるでしょう。
楽天ANAマイレージクラブカードは年に1度でも利用があれば、翌年度の年会費は無料になります。
実質年会費無料のクレジットカードとして使えるのでお得です。

・ANAマイレージカードの機能
ANAのフライトでマイルをためることができます。
また搭乗手続きなしで保安検査場へ進めるスキップサービスを利用できるので、搭乗がラクになります。
たまったマイルは航空券に交換して、お得にフライトをしてしまいましょう。

・楽天カードの機能
楽天カードは楽天市場では、ポイント4倍になります。
ポイント4倍になるので、ポイントやマイルをためやすく非常にお得です。
また最高2,000万円の海外旅行保険が付帯します。
利用付帯なので渡航前に旅行代金を楽天カードで支払うことで、海外旅行保険の対象となります。

・審査は通りやすい
18歳以上で日本に在住していれば、発行することができるクレジットカードです。
楽天カードは審査が厳しくないクレジットカードと言われており、楽天ANAマイレージクラブカードも審査通過はしやすいと思われます。
ANAマイレージ機能は付帯してますが、ANAカードよりも発行はしやすいでしょう。
ANAカードの審査が心配…、ANAカードに申込みをしたけれど審査に落ちてしまった…という方で藻、発行しやすいクレジットカードです。

ライフカード

1,000円に1.0ポイントがたまるクレジットカードです。
ANAマイルへは300ポイントを900ポイントに交換することができます。
1ポイントは3マイルとなり、ANAマイル交換時の還元率は0.3%です。
ちょっと還元率が低い感じがしますが、ライフカードはポイントアップのチャンスが多いクレジットカードです。
使い方によっては、もっとお得にANAマイルに交換することができます。

・誕生月がお得
ライフカードは誕生月ポイント5倍のサービスがあります。
このときに貯めたポイントをANAマイルに交換すると、ANAマイルの還元率は1.5%にアップします。
一般のクレジットカードで、これだけでの還元率があれば上出来でしょう。
誕生月にポイントをがっつりためれば、ANAマイルも貯めやすくなります。

・ポイントアップシステムがある
ライフカードは入会初年度はポイント1.5倍になります。
2年目以降は年間利用金額により、ポイント還元率をあげることが可能。
年間50万円以上の利用でポイント1.5倍、200万円以上の利用でポイント2倍になるのです。
ANAマイルへの交換時の還元率も上がりますから、最大0.6%になりますね。
たくさん使えば使うほど、お得なクレジットカードということになります。

・年会費は無料
ライフカードは永年年会費無料です。
家族カードも年会費無料、ETCカードは年会費、発行手数料とも無料です。

・ポイント有効期限が長い
クレジットカードポイントの有効期限は2年くらいが平均的です。
しかしライフカードは延長手続きをすることで、最大5年間の有効期限にすることができます。
ANAマイルの有効期限は3年ですから、最大で8年間ポイント有効期限があるということになりますね。
ポイントを失効しにくく、まとまったポイントをためやすいクレジットカードでもあるでしょう。

・審査は通りやすい
日本に在住している18歳以上で電話連絡が可能であれば発行が可能です。
審査基準は甘い方なので、誰でも審査通過はしやすいクレジットカードと言えるでしょう。
ライフカードは信販系ですが親会社が消費者金融のアイフルということで、審査基準は甘い傾向にあるとされています。

・ポイントシステムに変更が…
ライフカードのポイントシステムは2017年7月に大きな変更が予定されています。
誕生月のポイント5倍が3倍となってしまうようです。
ANAマイルの還元率も下がってしまいますので、これはちょっと残念なところですね。

ANAカード学生用はお得

学生もクレジットカードがあると便利です。
旅行、留学、帰省など、ANAをよく利用するのであればANAカードがおすすめでしょう。
ANAカードの学生用クレジットカードは、非常に高スペックとなっています。
学生ならではの特典があり、お得なクレジットカードです。

・申込ができるのは
高校生を除く18歳以上の学生で、日本国内で支払いができれば申込ができます。
対象となる学生は大学生、短大生、専門学校生、大学院生、高専生の4.5年生です。
学生向けということで、審査はそれほど厳しくはありません。
収入がちょっとしたアルバイト分しかない…という学生でも、発行できるクレジットカードです。
延滞を起こしていたり多額の借金をしている状態でなければ、発行はしやすいと思われます。

・国際ブランド
ANAカード学生用はVISA、マスターカード、JCBがあります。
VISAとマスターカードは三井住友カード、JCBはJCBカードが発行しています。

・年会費
年会費は初年度無料、翌年度より1,242円となります。
ただ在学中は年会費が無料になるキャンペーンを実施中です。
無料となる期限はあるのですが、期限がくると延長されているので、年会費無料クレジットカードとしても良いでしょう。
ANAカードを年会費無料で持てるだけでもお得です。

・ボーナスマイル
新規入会、継続時は1,000マイルの付与があります。
区間マイルは10%アップです。
ここまではANA一般カードと同じなのですが、学生用にはボーナスシステムがあります。
ANAプレミアムポイントが5,000ポイントになると1,000マイル、10,000ポイントになると2,000マイルが付与されます。
また卒業時にANA一般カードに継続をすると、2,000マイルが付与されます。

さらにスマートU25利用時は、100%の区間マイルを獲得できます。
通常は50%となりますので、倍のマイルを獲得できることになりますね。

・JCBはおすすめ
ANAカードは1ポイントを10マイルに移行するレートを選択すると、移行手数料が必要となります。
VISAやマスターカードは年間6,480円がかかるのですが、JCBは学生用は無料となっています。
移行手数料無料で1ポイントを10マイルに移行できるので、お得度が高いクレジットカードとなるでしょう。
国際ブランドや発行元となるクレジットカード会社にこだわりがなければ、ANAカード学生用はJCBがおすすめです。

安心のステータス性 ANAダイナースカード

ANAカードにもダイナースクラブが発行するクレジットカードが用意されています。一般的に審査などがかなり厳しく入会ハードルの高いクレジットカードなのですが、その分付帯サービスが非常に充実してるものがダイナースクラブです。ダイナースクラブのプロパーカードでもマイルが貯まらない訳ではありませんが、ANAと提携しているこちらのANAカードを利用することによってダイナースクラブの良さを活かしながらマイルも貯めることが出来ますので非常にお得なANAカードとなっています。

■ANA ダイナースカードの維持費

提携カードではあるのですが年会費についてはさすがダイナースクラブと感じさせるような27000円+税となっています。プロパーカードのダイナースクラブであれば年会費22000円+税となっていますので、これを踏まえるとまさしくダイナースクラブにANAカードの特典が一体化されたような年会費の設定となっていることが見て取れるでしょう。

家族カードに関してもANAカードのなかでは高額な年会費となっていて6000円 +税の設定です。ただこちらはプロパーカードでは5000円+税となっていますし、家族カードの方は比較的年会費面でお得なものであると考えることも出来ます。

■マイルの貯まり方

ANAカードの特徴でもあるクレジットカードのポイントをANAマイルに移行するシステムですので、基本的にはダイナースクラブのポイントが1%還元で貯まるようになっています。一部の特約店などで利用した場合には2%と還元となりますが1%還元であると理解しておくと良いでしょう。

嬉しいのはダイナースクラブはポイントの有効期限が無期限となっていることです。マイルは有効期限が設定されていますので、マイルに交換せずにポイントとして貯めておけば実質的にマイルは無期限で好きなように貯めることが出来るということになります。またANAカードの一部には交換手数料が発生するものもあるのですがそれがありませんのでマイルの貯まり方という面では年会費が高いだけの優遇があるとも言えるでしょう。

■独自の魅力

やはりダイナースクラブのクレジットカードということで総合的な付帯サービスが充実しています。特にステータス性の高いクレジットカードによく見られるのがレストランなどの優待や海外旅行保険でしょう。フライトをよく利用される方は海外に出向かれる方も多いと思いますのでクレジットカードで旅行保険がカバー出来ればお得さは一段と増すことになります。マイルを貯めることだけではなく付帯サービスも利用してこそANAダイナースクラブカードの価値が引き出されます。

ワンランク上のANAカード ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAカード一般カードの中では少し年会費が高額とはなってしまうのですがANAとアメリカン・エキスプレスが提供して発行しているANAカードもあります。アメリカン・エキスプレスを利用することで他のANAカードには無いようなサービスを実現することも可能ですし、アメリカン・エキスプレスの特典を活用するとマイルを無期限に貯めることが出来るというのも魅力的です。どういったANAカードであるのか順にご紹介しましょう。

■ANA アメリカン・エキスプレス・カードの維持費

こちらのANAカードの年会費は7000円+税で家族カードの年会費は2500円+税となっています。アメリカン・エキスプレス・カードのグリーンカードのことを考えると高いように思うかもしれませんがANAカードとアメリカン・エキスプレスの両方の特典が用意されているということを踏まえると妥当な金額ではないでしょうか。

またANAアメリカン・エキスプレス・カードは比較的多くの家族カードを発行することが可能ですので多くの人数で利用する場合はおトータルの維持費をサービスに対して抑えることが出来るのも魅力となっています。ETCカードも合わせて年会費無料となっていますので総合的な維持費はサービスよりも遥かに安いでしょう。

■マイルの貯まり方

ショッピングでのマイル付与は1%となっています。こちらもクレジットカードのポイントをマイルに交換するタイプですのでポイントからマイルに交換することによって実質1%の還元率となっています。ただアメリカン・エキスプレスの場合はマイルをポイントから移行する際に年間6000円+税の手数料を支払う必要がありますのでこの点には注意しなければなりません。ただこの手数料を支払ってポイントプログラムに加入している間はポイントの有効期限が無期限となりますので実質マイルに関しても有効期限が無期限ということになります。手数料は必要ですがアメリカン・エキスプレスのポイントを貯めておけるのであればマイルに限らず利用用途は広くお得なクレジットカードだと言えるでしょう。

■独自の魅力

付帯されているサービスはアメリカン・エキスプレスのグリーンカード並のものとなっています。グレードとしては一般カードに分類されるようなものですが、アメリカン・エキスプレスはこのグレードであっても旅行面やレジャーの面で充実した付帯サービスを用意しています。ANAカードだからこその特典に加えてアメリカン・エキスプレスの特典があるからこそ空の旅もより良いものにしてくれるなどの魅力があります。