ANA JCB ZERO

ANA JCB ZEROは、18歳~29歳までを対象とした、ヤング向けのANAカードとなります。
若い世代ならではの特典があるクレジットカードとなっていますので、発行対象年齢ならおすすめです。

・ZEROのスペック
区間マイルは10%アップとなります。
入会時や継続時のボーナスマイル付与はありません。
これはちょっと残念な点ではないでしょうか。
一般カードでも毎年1,000マイルをもらえるので、全く付与がないというのは寂しいですね。
ビジネスきっぷやANAグループなどでの優待はあります。

・年会費
ANAカードでは珍しく、年会費が無料のクレジットカードです。
年会費負担がないのは嬉しいと感じる方が多いのでしょう。
クレジットカードに年会費をかけたくない人、始めてクレジットカードを持つ人などにはおすすめです。
ANA JCB ZEROを持つことができるのは、5年間となります。
29歳前であっても、入会から5年間経つと会員資格を失ってしまいます。
5年後の更新時は、ANA一般カードに自動的に切替となります。

・マイル移行について
ANAカードはクレジットカードポイントをANAマイルに移行しなければなりません。
ANA JCB ZEROは、1ポイント=5マイルのレートで移行をすることになります。
移行手数料は無料です。
ANA一般カードでは1ポイント=10マイルコースがありますが、ANA JCB ZEROにはないのです。
移行レートはあまり高くない…といわざるを得ません。
移行手数料がないなら1ポイント=5マイルでも良いという方向けのクレジットカードとなります。

・旅行保険
ANAカードには旅行保険が自動付帯しますが、ANA JCB ZEROには旅行保険の付帯がありません。
ANA一般カードの海外旅行保険は疾病や傷害治療費の補償がなく海外旅行保険が付帯しないと同じようなものです。
ANA一般カードのみで海外旅行保険を補うのは無理なので、他のクレジットカードでカバーをすることになるかと思われます。
付いてないよりはあった方がマシではありますが、旅行保険が付帯しなくてもそれほど嘆くことではないでしょう。

ANA JCB ZEROのメリットは、年会費が無料ということでしょう。
ただそれ以外は高スペックなクレジットカードとは言えませんので、ANA一般カードの方が良いかもしれません。
年会費が2,160円必要でも、毎年1,000マイルの入会、継続ボーナスをもらった方がお得になると思われます。

ANAカード学生用

ANAカードには学生用があります。
大学生、短大生、大学院生、専門学校生、高専4,5年生などが、対象となるクレジットカードです。
一般カードよりもお得になっていますので、学生にはおすすめです。

・学生用のスペック
入会、継続時は1,000マイルが付与されます。
区間マイルは10%アップです。
ビジネスきっぷやANAグループでの割引優待なども対象となります。

・年会費
在学中は無料ですので、年会費の負担はありません。
基本的には年会費が有料なのですが、キャンペーンで在学中は年会費無料のクレジットカードとなっています。
キャンペーンが終わったら年会費を支払わないとならないの?と心配になりますが、キャンペーンはずいぶん前からずっと延長され続けてきます。
なので当面の間は、年会費無料で使えるクレジットカードとして捉えて良いでしょう。

・国際ブランド
ANAカード学生用は、JCB、VISA、マスターカードがあります。
JCBはJCBカード、VISAとマスターカードは三井住友カードが発行をしています。
一般的には世界中で使いやすいのは、VISAブランドとされています。
国際ブランドの中では一番シェア率が高く、使える場所が多いためです。
初めてのクレジットカードとしてもおすすめです。

・移行手数料について
ANAカード学生用も、たまったクレジットカードポイントをANAマイルに移行しなければなりません。
1ポイント=5マイルコースは移行手数料が無料なのですが、VISAとマスターカードは1ポイント=10マイルコースは6,480円の移行手数料が必要となってしまいます。
移行手数料を節約したい…というなら、JCBを選択するのがおすすめです。
ANAカード学生のJCBブランドは、5マイルコースだけでなく10マイルコースも移行手数料無料なのです。
在学中は手数料を気にせずに、ポイントをANAマイルに移行することができるのでおすすめです。

・マイルがたまりやすい
25歳以下を対象にしたスマートU25は、お得な運賃となるためマイル加算は50%です。
しかしANAカード学生用の会員は、100%の区間マイルがたまる特典があります。
そしてANAのプレミアムポイントをためると、ボーナスマイルをもらえるチャンスもあります。
これは学生用のANAカードのみの特典で、一般カードなどでは受けられません。
ANAカードはマイルがたまりやすいクレジットカードですが、学生用はよりお得と言えるでしょう。

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANA一般カードに分類されます。
ただ他の一般カードとは、ちょっと違った特徴があるクレジットカードです。

・アメックスのスペック
入会時、継続時は1,000マイル付与があります。
区間マイルは10%アップです。
ビジネスきっぷやANAグループでの割引など、他の一般カードと同等のサービスとなります。

・年会費
ANA一般カードは2,160円ですが、アメックスになると7,560円になります。
さすがアメックスという感じの年会費です。
一般カードに比べると年会費が高額ですが、アメックスのプロパーに比べると年会費は低いです。
そう考えるとお得なクレジットカードと言えそうです。

・旅行保険
一般カードは最高1,000万円の海外旅行保険が付帯しますが、疾病や傷害治療費はありません。
あまり嬉しくない内容なのですが、アメックスはしっかりした補償が付きます。
海外旅行保険は利用付帯ですが最高3,000万円となり、傷害や疾病治療費は100万円の補償となります。
国内旅行保険も利用付帯ですが、最高2,000万円となります。
クレジットカードで旅行保険を補いたい場合も、おすすめのANAカードとなるでしょう。

・空港ラウンジ
ANA一般カードは空港ラウンジの利用はできませんが、アメックスは国内28空港、ハワイ・ホノルル、韓国・仁川空港のラウンジが利用できます。
しかもANAカードを所有する本人だけでなく、同伴者も1名まで無料で空港ラウンジを使えます。
同伴者も対象となるのは、アメックスのクレジットカードならではです。

・ANAグループでお得
ANAアメックスは100円に1ポイントを獲得できるクレジットカードですが、ANAグループではポイントが1.5倍になる特典があります。
ANAカードマイルプラスの特約店となるANAグループでは、100円に1マイル+1.5ポイントを獲得することが可能です。
他のクレジットカードより還元率が高くなり、ANAマイルがたまいりやすくおすすめです。

・申込基準
ANA一般カードは18歳以上なら申込ができますが、アメックスは20歳以上でなければ発行ができません。
さらに定職を持っていることが必要となり、JCB、VISA、マスターカードのANA一般カードよりも審査は厳しいと見て良いでしょう。
パートやアルバイトなどの非正規社員などは、定職として認めてもらえず発行が難しいクレジットカードです。

ANAダイナースクラブ

ダイナースクラブが発行するANAカードが、ANAダイナースカードです。
ゴールドカードの名前は付いていませんが、ゴールドやプラチナクラスの価値があるクレジットカードです。

・年会費
年会費は29,160円です。
ワイドゴールドカードよりも、高額の設定です。
年会費からいっても、ゴールドカード以上のクレジットカードと見て良いでしょう。

・ポイント
100円に1ポイントがたまります。
1ポイント=1マイルでの移行が可能です。
ダイナースクラブのポイントの特徴となるのが、有効期限がないことです。
ANAマイルは3年間という有効期限がありますが、ANAマイルに移行しなければ永遠にポイントを貯め続けることができます。
ポイント移行時に手数料はかかりません。

・ボーナスマイル
入会時と継続時のボーナスマイルは2,000マイルとなります。
区間マイルは25%アップです。
これはワイドカードやワイドゴールドカードと、同等となります。

・空港ラウンジ
ダイナースクラブは独自のクラブラウンジを持っており、世界100か国、450以上の空港ラウンジを利用できます。
プライオリティパスが付帯するクレジットカードではありませんが、世界中の空港ラウンジを利用できるのです。
ANAカードを持つ人は、世界中を飛び回るという方も多いのではないでしょうか。
空港ラウンジが利用できると、便利ですしお得です。
もちろん国内空港のラウンジも利用可能です。

・旅行保険
ANAダイナースクラブは死亡・後遺障害5,000万円、傷害・疾病治療300円、賠償責任1億円、救援者費用400万円、携行品損害50万円が自動付帯となります。
ANAダイナースクラブで旅行代金を支払うと利用付帯分が加算され、死亡・後遺障害が最高1億円の補償となります。
国内旅行保険は最高5,000万円、入院1日10,000円、手術40万円、通院1日3,000円が自動付帯分となり、利用付帯分は死亡・後遺障害が最高1億円の補償となります。

・申込基準
ANAダイナースクラブは27歳以上で、ダイナースクラブの所定の審査基準を満たす人となります。
所定の審査というのが、わかりにくいですね。
ダイナースクラブはステータスの高いクレジットカードです。
審査基準は厳しいと思われますので、簡単に発行はできないでしょう。
目安として言われているのは、年収500万円以上が必要であるということです。
年収500万円以下で審査をクリアしたという話はほとんどなく、ANAダイナースクラブに当てはまる条件でしょう。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメックスが発行するANAカードです。
ゴールドカードではありますが、プラチナカード並の機能を持つクレジットカードとも言えるでしょう。

・年会費
年会費は33,480円です。
年会費から見ても、一般的なプラチナカード並です。

・ボーナスマイル
入会時と継続時は2,000マイル付与、区間マイルは25%アップとなります。
ワイドカードやワイドゴールドカードと同等となります。
一般カードのアメックスは入会時と継続時は1,000マイル、区間マイルは10%アップですから、よりマイルを貯めたいならANAアメックスゴールドの方がおすすめのクレジットカードとなるでしょう。

・ポイントについて
ANAアメックスゴールドは、100円に1ポイントがたまります。
1ポイント=1マイルに移行することが可能です。
移行手数料はゴールドになると、無料となるのでお得です。
一般カードはアメックスでも6,480円の移行手数料が必要となるので、ゴールドの方がお得とも言えます。
そしてANAアメックスゴールドは、ANAグループで利用するとポイントが2倍になる特典があるクレジットカードです。
100円で2ポイント付与となり、ANAカードマイル特約店ならさらに100円に1マイルと獲得できます。
ここまでマイルをためられるクレジットカードは珍しいです。
ANAグループを利用するなら、マイルはたまりやすいクレジットカードでしょう。
ポイント有効期限はありませんので、ずっとポイントを貯め続けることもできます。

・旅行保険
海外旅行保険は自動付帯と利用付帯で補償金額は異なります。
自動付帯は死亡・後遺障害5,000万円、傷害・疾病治療200万円、賠償責任4,000万円、救援者費用300万円、携行品損害50万円です。
利用付帯は死亡・後遺障害最高1億円、傷害・疾病治療300万円、救援者費用400万円にアップします。

国内旅行保険は利用付帯で死亡・傷害補償5,000万円です。
クレジットカードで旅費を支払った方が、補償金額が高くなりお得です。

・空港ラウンジ
国内28空港、ハワイ・ホノルル、韓国・仁川空港のラウンジが利用可能です。
同伴者も1名までは、無料で空港ラウンジが利用できます。
同伴者も無料で利用できるのは、アメックスのクレジットカードならではですね。
恋人、家族、同僚、友人などと一緒に空港を利用するときも、気兼ねなくラウンジを利用できるでしょう。