マイルがたまりやすくなる理由

ANAカードの特徴となるのが、フライトでもマイルがたまりやすくなることです。
ANAマイレージクラブの会員であれば、フライトでマイルを貯めることが可能です。
しかしANAカードになると、よりマイルがたまりやすくなるのです。

・入会マイル
入会をするだけで、1,000マイル以上をもらうことができます。
新規入会をすると特典がもらえるクレジットカードは多くなっています。
ANAカードも入会特典を用意することで、新規顧客獲得をはかっていると言えるでしょう。
入会時のマイルは一般カードと学生カードは1,000マイル、ワイドカードとワイドゴールドカードは2,000マイル、プレミアムは10,000マイルです。
一気にマイルを貯めるチャンスとなりますね。

・継続ボーナス
ANAマイルは継続をするたびに、ボーナスマイルを獲得することができます。
新規入会時だけでなく、1年に1回はまとまったマイルをもらえることになります。
普通のクレジットカードは、継続をするたびにポイントをもらえる…というものはほとんどありません。
継続ボーナスがあれば、ANAカードを持ち続けても良いかも?と感じるのではないでしょうか。
またANAカードの継続ボーナスは、ANA便に搭乗しても搭乗しなくてももらえます。
ANAカードを持ち続けていればOKということになります。
JALカードも継続ボーナスがあるのですが、マイルを獲得できるのは毎年初回の搭乗時となります。
JALに搭乗しないと継続ボーナスを、もらうことはできないクレジットカードなのです。
JALカードと比較をすると、ANAカードの方がお得となるでしょう。

継続ボーナスは一般カードと学生カードは1,000マイル、ワイドカードとワイドゴールドカードは2,000マイル、プレミアムは10,000マイルとなり、入会時のボーナスマイルと同率となっています。

・区間ボーナス
ANA便に搭乗をすると、区間のマイルを獲得することができます。
ANAカードの場合は、通常の区間マイルよりマイル数がアップします。
一般カードと学生カードは10%、ワイドカードとワイドゴールドカードは25%、プレミアムは50%です。
プレミアムの50%は、かなり高いマイルを獲得できる数字です。
ANAカードなしでフライトをするよりも、多くマイルを獲得できお得と言えるでしょう。
ANAへの搭乗が多い人ほど、ANAカードはおすすめのクレジットカードです。

ANAカードの海外旅行保険

ANAカードには旅行保険が付帯します。
航空会社のクレジットカードということで、旅行保険が付帯しているのは当然と言えるかもしれません。

ANAカードの海外旅行保険は、自動付帯となります。
クレジットカードの旅行保険は自動付帯と利用付帯があります。
自動付帯はクレジットカードを持っているだけで、補償を受けられるタイプです。
利用付帯は旅行の代金をクレジットカードで支払わないと、補償は受けられないタイプです。
どちらが良いかというと、自動付帯となるでしょう。

・ANAカードの海外旅行保険の内容
一般カード(アメックスを除く)と学生カードの海外旅行保険は、最高1,000万円となります。
一般カードクラスとしては、補償金額はまあまあと言えるでしょう。
ただ補償がされるは死亡・後遺障害時の1,000万円と、救援者費用100万円のみしかありません。
傷害治療費、疾病治療費、賠償責任、携行品損害などの補償はないのです。
クレジットカードの海外旅行保険で、重要となるのは傷害治療費や疾病治療費でしょう。
海外では風邪や食中毒などでちょっと病院にかかるだけでも、莫大な治療費が必要となってしまいます。
死亡や後遺障害時の最高補償金額に気をとられがちなのですが、実はそうではないんですね。
ANAカードの海外旅行保険は、ほぼ使えない…ということになるでしょう。

・ワイドカード以上がおすすめ
ANAカードで海外旅行保険を充実させたいなら、ワイドカード以上を発行する必要があるでしょう。
ワイドカードの海外旅行保険は最高5,000万円、傷害・疾病治療150万円、賠償責任2,000万円、携行品損害50万円、救援者費用100万円となります。
ANAカードのみで十分とは言えませんが、一般カードや学生カードよりはだいぶマシな補償内容です。

・他のクレジットカードも持とう
ANA一般カードや学生カードだけでは海外旅行保険は不十分で、ないと考えた方が良いです。
海外渡航時は他のクレジットカードで補うと良いでしょう。
クレジットカードの傷害治療費や疾病治療費は、合算することができます(死亡・後遺障害時の補償金額は合算ができません)。
海外旅行保険が付帯するクレジットカードを複数枚持っていれば、補償金額が高くなりますので安心…となるでしょう。
年会費無料クレジットカードで海外旅行保険が自動付帯となるエポスカード、JCB EIT、REXカードLiteなどがおすすめです。

ビジネスきっぷがお得

ANAのお得な運賃となるのが、ビジネスきっぷです。
ビジネスきっぷは、ANAカード会員限定のサービスです。
ANAカードを持っている人だけでの特典です。

ビジネスきっぷは2枚つづりとなっており、同一区間を利用できるようになっています。
往復で使っても良いですし、片道を2回として利用すること可能です。
出張や旅行、帰省など、いろいろな場面で使うことができます。
ANAの国内便は全路線が対象となるので、どこに行くときもお得な運賃で利用することができます。

予約は搭乗日の2か月前からとなり、空席があれば当日の予約もできます。
急な予定にも対応できるのはありがたいですね。
支払いは予約から3日以内、予約が2日前~当日となるとなるときは出発時刻の20分前までOKです。
そして当日の予約変更にも対応しています。
会議が長引いてしまい搭乗予定便に間に合わなそう…なんてときも安心です。

ビジネスきっぷの最大の魅力となるのが、運賃の割引があることです。
運賃の割引率は区間や時期により異なりますが、最大ですと40%も割引となります。
早割で取り損ねてしまった…なんてときにビジネスきっぷが使えるとお得でしょう。
たとえば2017年6月の運賃は、東京~大阪15,900円、東京~広島21,600円。
普通に予約をするよりもお得です。

それからビジネスきっぷは、区間マイルの100%が付与されるのもメリットです。
早割など割引となる運賃は、区間マイルは減額となってしまいます。
割引運賃ばかりで搭乗をしていると、マイルが全然たまらない…なんてことにもなるでしょう。
ビジネスきっぷなら区間マイルも貯めやすいです。
運賃も格安でマイルもたまりやすい…となると、ANAカードを発行しておかないと損をしてしまうかもしれません。
一般カードの年会費なら、ビジネスきっぷを利用するだけでも元をとれる可能性もあります。

ビジネスきっぷの有効期限は、クレジットカードで決済をした翌日から90日間となります。
90日以内で使いきれなかった…というときは、払い戻しをすることができます。
ただ払い戻し手数料や取り消し手数料が必要となりますので、注意をしましょう。
またビジネスきっぷは記名式となりますので、他人に譲渡をしたりすることはできません。
クレジットカードを持つ人だけの特典となりますので、他の人が利用することはできないのです。

ANAカードはマイルがたまりやすいというメリットがありますが、お得な運賃で搭乗できるクレジットカードであることも魅力となるでしょう。

ANAグループで割引きがある

ANAカードはANAグループで、割引優待があるクレジットカードです。
ANAグループを利用するときは、あってよかったと思えるクレジットカードでしょう。

・空港内免税店
空港内にあるANAの免税店で、5%~10%の割引があります。
成田空港、羽田空港、関西空港にあるANA DUTY FREE SHOP利用時に割引を受けられます。
那覇空港ではSHISEIDO 那覇空港店でも割引が可能。
割引率は一般カードが5%、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムが10%です。

・国内線と国際線の機内販売
ANAの国内線と国際線の機内販売でANAカードで支払いをすると、10%割引となります。
ただ割引対象となるのは1商品の単価が1,000円以上のもののみですので気を付けましょう。
どのANAカードでも、10%割引を受けられます。

・「ANA FESTA」
空港内にある「ANA FESTA」でANAカードを提示するだけで、お会計が10%割引になります。
1回の会計が1,000円以上の会計が対象となります。
ANAカードならどれでも10%割引になるのでお得です。

・成田空港の駐車場
成田空港のセントラルパーキング成田では、ANAカードの提示で特別料金で駐車ができます。
マイルもたまるのでよりお得です。
出発前の5日くらい前には、予約をしておくのがおすすめです。

・A-style
ANAが運営するショッピングサイトのA-styleでは、ANAカード決済で5%割引になります。
ネットショッピングはクレジットカード決済が便利ですが、A-styleではANAカードを使いたいですね。

・ANAのツアー商品
ANAスカイホリデー、ANAハローツアー・ANA大人のゆとり旅・ANAワンダーアースでは、ツアー代金が5%割引になります。
高額な旅行代金になるほど割引金額が高くなりお得です。
予約時にANAカードの割引を使いたいと伝え、お客さま番号を伝えればOKです。
ただ割引となるのはANAカード本人のみ。
同伴者分は対象外となりますので注意をしてください。

・ANA公開講座の受講料
ANAビジネスソリューションの受講料がANAカード会員は15%割引になります。
15%は結構大きいと言えるでしょう。

ANAカードは、こんなに割引を受けられるお得なクレジットカードです。
全部利用するという人は少ないかもしれませんが、一つ利用するだけでも持っていて良かったと思えるクレジットカードでしょう。

ANAカードのETCカード

ドライバーに欠かせないのが、ETCカードです。
高速道路を走行するときに、ETCカードがあると便利でお得です。
ETCレーンを走行するのでノンストップで料金所を通過でき、走行料金が割引となります。
高速道路を走行するなら、ETCカードはないと困るものでもあるでしょう。

ETCカードは単体で発行するものもありますが、ほとんどはクレジットカードで追加発行をします。
ETCカードを利用すると追加発行したクレジットカードのポイントがたまりお得です。
ANAカードでもETCカードを発行することができます。
ETCカードを利用するとクレジットカードポイントがたまります。
ポイントがたまりやすい=ANAマイルがたまりやすいということになりますから、ANAマイルを貯めたいならETCカードはANAカードで発行するのがおすすめとなるでしょう。

ANAカードのETCカードは、それぞれを発行しているクレジットカード会社に申込みをすることになります。
ANA JCBカード、ANA JCB ZERO、ANA To Me CARD PASMO JCBはJCBカード、ANA VISAカード、ANAマスターカード、ANA Suicaカード、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは三井住友カード、ANAアメリカンエクスプレスはアメリカンエクスプレス、ANAダイナースクラブはダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ)に申込みをするわけです。
発行元が異なるクレジットカード会社となることで、ETCカードの利用条件もそれぞれとなっています。
ANAカードだからすべて同じETCカードではなく、特徴がありますので注意をしましょう。

・年会費について
ETCカードの年会費が無料なのは、JCBカードとダイナースクラブです。
三井住友カードとアメックスは、年会費540円が必要です。
ただ年間1度でもETCカードの利用があれば、翌年度の年会費は無料です。
年に1度は必ず使うのであれば、ずっと年会費無料でETCカードを使えるクレジットカードということになります。

・発行手数料について
ETCカードの発行手数料は、すべて無料となっています。
クレジットカード会社によっては1,000円程度がかかることがあるのですが、ANAカードはどれも発行手数料の負担はありません。

・複数枚発行について
ダイナースクラブは1枚のクレジットカードに、複数枚のETCカードを発行することが可能です。