ANAマイルは、フライトだけでたまるものではありません。
ショッピングでも貯めることはできます。
その方法は、クレジットカードを使えば良いのです。
クレジットカードのポイントをANAマイルに移行すれば、ショッピングでもANAマイルをためられることになります。

ANAマイルがたまるクレジットカードの代表となるのが、ANAカードです。
ANAカードはショッピングでたまったポイントを、ANAマイルに移行することができます。
ANAカードはショッピングをしても、マイルがたまるわけではありません。
発行するクレジットカード会社のポイントがたままります。
そのポイントをANAマイルに移行しなければならないのです。

ANA一般カードのポイントをANAマイルへ移行するさい、1ポイント=5マイルなら手数料はかかりません。
しかし1マイル=10マイルに移行するときは、手数料が発生してしまいます。
5,000円~6,000円程度が必要となりますので、結構な金額の負担となってしまいます。
またクレジットカードの年会費もいれると、さらに金額の負担が大きくなります。

ANAカードはフライトでANAマイルがたまりやすいのが魅力ですが、それほどフライトをしないのであればANAカード以外でANAマイルをためるのも良いでしょう。
移行手数料無料でポイントをANAマイルにできれば、お得な感じがしますよね。
年会費無料クレジットカードであれば、コストをかけずにANAマイルをためることも可能です。

ただクレジットカードポイントは、ANAマイルに移行をすると還元率が下がるケースが多くなります。
ポイント還元率が1.5%あるクレジットカードでも、ANAマイルにすると0.3%程度の還元率になってしまうこともあります。
なのでポイント還元率が高ければ、ANAマイルがたまりやすいクレジットカードとはならないので注意をしましょう。
ANAマイルに移行したときの還元率を考えて、クレジットカードを選ぶようにしてください。

またクレジットカードによっては、ANAマイルに移行ができない場合もあります。
JALマイルはできるけれどANAマイルには対応してない…といったクレジットカードもあります。
せっかく発行したけれど、ポイントをANAマイルに移行できないと意味がなくなってしまいますよ。

ここではANAカード以外で、ショッピングでANAマイルをためられるクレジットカードを集めてみました。
移行手数料が無料のクレジットカードを主に紹介していきます。

Orico Card THE POINT

100円に1ポイントがたまるクレジットカードです。
年会費無料ながらポイント還元率1.0%とお得です。
ANAマイルは1,000ポイントを600マイルに交換することができ、還元率は0.6%です。
ANAカードでも一般カードの5マイルコースなら1,000円に5マイル付与の計算になりますので、還元率は0.5%です。
Orico Card THE POINTの方が、ANAマイルがたまりやすいクレジットカードとなります。

・入会6ヶ月間はお得
100円に1ポイント付与となるクレジットカードですが、入会後6ヶ月間はポイント2倍となるので100円に2ポイント付与となります。
この期間はANAマイルに交換した場合は、1.2%の還元率とすることができます。
ANAマイルがかなりたまりやすいクレジットカードと言えるでしょう。

・オリコモールでお得
オリコモールはオリコカード会員が利用できる、インターネット上のショッピングモールです。
オリコモールを経由してインターネットショッピングをすれば、クレジットカードポイントとは別に0.5%~15.0%のボーナスポイントが獲得できます。
Orico Card THE POINTはさらに+0.5%の特別加算があるので、1.0%~15.5%のボーナスポイントを獲得することが可能。
インターネットショッピングをよくすればポイントがよりたまりやすくなりますから、ANAマイルもためやすくなることになります。

・電子マネーを搭載
iDとQUICPayを搭載しており、コンビニなど少額の支払いにも対応しやすいクレジットカードです。
電子マネーの利用でも、クレジットカードポイントを獲得することができます。
ポイントのとりこぼしをすることがなくお得です。
ダブルで搭載されているというのも特徴です。

・審査に通りやすいのでおすすめ
クレジットカードで心配なのは、審査に落ちるのではないかということでしょう。
Orico Card THE POINTは高校生をのぞく18歳以上であれば、発行をすることが可能です。
遅延や延滞などのブラック、ブラックはあけたけれど過去にオリコのクレジットカードやローンで迷惑をかけたといった人でなければ、発行できる可能性が高いです。
ANAカードの審査は厳しくても、Orico Card THE POINTなら発行できるというケースもあるでしょう。
審査に通りやすいことも、メリットであるクレジットカードです。

JCB EIT

1,000円に2ポイントがたまるクレジットカードです。
JCBカードのプロパーは1,000円に1ポイント付与が基準となるので、JCB EITはポイントが2倍ということになります。
他のJCBプロパーよりも、ポイントがたまりやすくお得なクレジットカードとなるでしょう。
ANAマイルへは500ポイントを1,500マイルに交換することができるので、1ポイントは3マイルの価値となります。
還元率は0.6%です。
ANAマイルへの交換では、0.5%以上になれば還元率が高いクレジットカードです。
0.6%あれば、ANAマイルがたまりやすいクレジットカードと言っても良いです。

・年会費は無料
永年年会費無料です。
JCBプロパーでは永年年会費無料のクレジットカードは少ないです(条件付年会費無料というクレジットカードはあります)。
年会費がネックでJCBプロパーは…という方にも、おすすめのクレジットカードとなるでしょう。
家族カードも年会費無料、ETCカードは年会費も発行手数料も無料です。

・リボ払い専用だが…
JCB EITはリボ払い専用クレジットカードとなります。
リボ払いをすると手数料が必要になるため、あまりお得とはなりません。
ポイント還元率が高くANAマイルがたまりやすくても、リボ払いをすることによりお得度が下がってしまうのです。
ただJCB EITは、リボ手数料を支払わずに使用することができるのでお得です。
初回で全額払いをしてしまえば良いのです。
JCB EITは初回の支払い時は、リボ手数料がかかりません。
ずっと初回で全額支払いを続ければ、手数料なしで使えるクレジットカードとなります。
無駄に手数料を支払わなくても良いので、ANAマイルがためやすくお得と言うことができるのです。

・海外旅行保険が自動付帯している
JCB EITには最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯しています。
年会費無料クレジットカードで、海外旅行保険が自動付帯しているのはお得です。
クレジットカードを持っているだけで補償の対象となりますから、海外出張や海外旅行に行く機会がある方にはおすすめのクレジットカードでしょう。

・審査は通りやすい
JCBプロパーは審査が厳しいというイメージがありますが、リボ払い専用のJCB EITは比較的審査に通りやすいクレジットカードです。
18歳以上で本人または配偶者に安定した継続収入がある方、もしくは高校生を除く学生が発行可能です。
それほど審査通過は難しくないでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカード

1,000円に2ポイントがたまるクレジットカードです。
三井住友VISAカードのプロパーは1,000円に1ポイント付与が基本となるので、いつでも2倍のポイントをもらえることになります。
ANAマイルは100ポイントを300ANAマイルに交換することが可能です。
1ポイントは3円相当となり、還元率は0.6%となります。
ANAマイルの還元率は0.5%あれば良い方なので、ANAマイルがたまりやすいクレジットカードとなるでしょう。

・入会後3か月間はお得
いつでも2倍の1,000円に2ポイントがたまるクレジットカードですが、入会後3か月間はポイントが5倍になります。
1,000円に5ポイントたまるようになりますから、ANAマイルへの交換もしやすくなります。
ANAマイル交換時の還元率は1.5%。
入会後3か月間にたくさん使えば、よりお得なクレジットカードとなります。

・ヤング向けクレジットカードである
三井住友VISAデビュープラスカードは、誰でも発行できりるクレジットカードではありません。
高校生をのぞく18歳から25歳までの若い世代を対象としたクレジットカードとなります。
学生や新社会人などにおすすめとなるでしょう。
延滞をしていたり借入が多かったりさえしなければ、審査には落ちにくいと思われます。
26歳になると自動的にヤング向けゴールドカードとなる、プライムゴールドカードへと切替となります。
若くしてゴールドカードを持つチャンスが出てくるのも嬉しい点です。

・年会費は実質無料
年会費は初年度無料、翌年度は1,250円+税となります。
年会費がかかるなら、ANAマイルがたまりやすくてもちょっと…となるかもしれません。
特に初めてクレジットカードを発行するような若い世代は、年会費無料の方がおすすめです。
ただ三井住友VISAデビュープラスカードは、年に1度でもカードを利用していれば翌年度の年会費が無料となります。
全く使わないケース以外は、実質年会費無料のクレジットカードとなるのです。
それなら発行してポイントをためて、ANAマイルに交換してもよいかなと思うのではないでしょうか。

ちなみに家族カードの年会費400円+税も、年に1度でもカード利用することで無料になります。
ETCカードの年会費は500円+税ですが、こちらはETCカードを年に1度でも利用すると翌年度の年会費を無料にできます。

R-styleカード

200円に2ポイントがたまるクレジットカードです。
発行元となるジャックスカードのラブリィポイントは、200円に1ポイント付与が基本。
なのでR-styleカードは、いつでもポイントが2倍ということになります。
ANAマイルは1,000ポイントを600ANAマイルに交換することができ、還元率は0.6%です。
ANAマイルへ交換するさいの還元率は、0.5%あれば高いクレジットカードとなります。
R-styleカードは、ANAマイルを貯めるのにもおすすめと言えるでしょう。

・12月はお得
いつでもポイント2倍の200円に2ポイントがたまるクレジットカードですが、12月はなんとポイント5倍になります。
12月はクリスマスや年末年始の準備などで、何かと出費がかさむ月ですよね。
そんな12月にポイントが5倍になるのは嬉しいところです。
ポイントが5倍になるとANAマイルへの還元率は1.5%になるので、よりANAマイルをためやすくなります。

・年会は実質無料
R-styleカードの年会費は初年度無料、翌年度より1,250円+税となります。
ANAマイルをためたいけれど、年会費は支払いたくない…という方もいるでしょう。
そんな人はR-styleカードを、年に1度でも利用すればOKです。
年間1度でもカードを利用していれば、翌年度の年会費が無料になるのです。
実質年会費無料で使えるのでお得です。

・リボ払い専用だが…
R-styleカードは、リボ払い専用クレジットカードです。
支払い時にリボ手数料が必要になるので注意をしましょう。
ANAマイルを貯めやすいからとどんどん使っていたら、高額なリボ手数料を支払うことになる可能性があります。
しかしR-styleカードは、リボ手数料が低いのが特徴です。
クレジットカードのリボ払い手数料は15%くらいとなり、18%近いこともあります。
R-styleカードは9.90%の手数料となっており、10%を切る低さです。
良心的なリボ手数料であると言えるでしょう。

・審査は通りやすい
高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能であれば、発行することができるクレジットカードです。
リボ払い専用クレジットカードということもあり、それほど審査は厳しくありません。
延滞などを起こしているブラックでなければ、発行される可能性が高いでしょう。
審査に通りやすいので、誰でもANAマイルを貯めやすいクレジットカードでもあります。